オンライン研修

発達障がい児者の動機づけを高める方法

発達障がいの人の行動を改善するために叱りつけるだけでは、逆効果です。行動分析学は、行動がなぜ起こるのか、どうしたら変化するのかという問いに答えるものです。行動の法則性を人間社会の行動の問題の研究に応用したものが、応用 行動分析(ABA)と呼ばれる学問です。 ABA は、自閉症の治療教育から始まり、現在では特別支援教育のみならず、様々な分野に応用されています。

 

このセミナーでは・・・

1.人がなぜ行動したり、行動しなかったりするのかについて、さまざまな行動 の法則について解説します。初心者でもできるだけわかりすくお伝えします。

2.ABA では、不適切な振舞いに嫌悪的な対応をするよりも、適切な行動に対 して、ポジティブで好ましいかかわり方が、健全で望ましい行動を身につけ ることがわかっています。

3. 望ましい行動をほめたり、動機づけを高めるためにどうするか、好きなこと どうやって見つけるか、社会的なルールをどうやって伝えるか、不安をどの ように解消するかといった課題に取り組みます。

 

と き:令和 5 年 7 月 9 日(日) 9:00~12:00(接続8:50頃)

方 法:オンライン会議システム

講 師:今本 繁(臨床心理士)

定 員:10名程度

参加費:7,000 円(税込み) レジメ資料代を含む

主 催:合同会社 ABC 研究所

Access

相談のご依頼やセミナーのお問い合わせなど詳しい事はお問い合わせください

概要

運営 合同会社ABC研究所
住所 福岡県北九州市八幡西区熊手2-3-27
電話番号 093-616-1335
営業時間 9:00~18:00

アクセス

障害を持っていても、子供から大人まですべての利用者様が満足いく社会生活を送ることができるように、国内外で多くの知見を学んできた専門知識に富んだ臨床心理士が、相談セミナーを行ってサポートしています。
Application

お申し込み

RELATED

関連記事