Category
ABC研究所について
Category

発達障害を支援するための様々な方法

アスペルガー症候群自閉症スペクトラム障害などの発達障害を支援するために、ABAと呼ばれる応用行動分析という科学的方法や、TEACCHプログラムという支援プログラムを採用し、より幅広く、障害や個人ごとの様々な特性と向き合えるように、これまでに蓄えてきた知識と経験を活用する、福岡の発達障害支援事業団体です。

発達障害を支援する方法は様々ですが、科学的な根拠に基づいた方法を用いて福岡で支援活動を行っています。応用行動分析(ABA)を用いたABCモデルという支援方法とTEACCHプログラムという支援プログラムを参考にした方法で、個人の特性や個性に合った発達障害の支援をご提案しています。

TEACCHプログラムとは1972年からアメリカのノースカロライナ州で取り入れられている自閉症スペクトラム障害(ASD)の障害を持つ本人とその家族の支援を一生涯行うプログラムです。州全体で行われているプログラムは不規則な事態に対応できない自閉症児のための構造化された教育や、専門家であるセラピストと同等、あるいはそれ以上の支援が行えるように親の療育を促しており、自閉症というものに対する捉え方や、その支援構造は自閉症スペクトラム障害の支援方法として広く認識され、世界において標準的な考え方となっています。

RELATED

関連記事